融資の審査において最重要視される信用情報とは

金融機関から融資を受けるためには審査を受けることは必須条件です。
その審査で金融機関が最も重要視するのが信用情報機関の個人信用情報です。国が指定する信用状機関は銀行系、消費者金融系、クレジットカード会社系の三つがありますが、この三つの情報機関はお互いに情報を共有しています。

この個人情報に支払いの遅延などがあった場合には事故情報として一定期間記載されます。この事故情報に記載されますと、融資の審査に通過することはまず不可能となって今います。個人信用情報の事故情報がブラックリストと呼ばれる理由ともなっています。

キャッシングの審査に通らない理由とは

キャッシングをする時は申込書に必要事項を記入し、本人確認書類や収入証明書などを提出して審査を受けて通ることが求められます。審査の目的は会社側か申込者の与信能力を確認するために行い、申込者の内容を参考にして勤務先への在籍確認や信用状況の確認をして判断します。

キャッシングの審査に通らない理由は会社側か求めている条件を満たしていないことで、他社に申込をした場合でも同じ結果が出るために他の方法を考える必要があります。キャッシングをする時は総量規制対象であるため収入の状況を確認して申し込む必要があり、申込書に正しい内容を記入することを心がけ自分自身の置かれている状況を把握することが求められます。

キャッシングなどの申し込みブラックとは

短期間のうちに、キャッシングを同時に何度も申込することを、申込ブラックと言われます。申込ブラックは、審査に落ちる原因の一つと言われます。審査に通る自信がないからといって、キャッシングをたくさん申し込みをしてしまう人がいるようです。なかには、数打ちゃ当たる式で、手当たり次第に申し込みをしてしまう人もいます。こういう人は、申込ブラックになる可能性があります。

・なぜ、申込ブラックだと審査に落とされるのか:カードローンの申し込みをすると、申込情報は信用情報機関に登録されることになっています。申し込みを受け付けた金融機関は、審査の時に、申込人の信用情報を調査します。ですから、何件申し込んだかという「申込履歴」も必ずチェックします。「申込履歴」をチェックした審査担当者は、短期間のうちに、あちらこちらで何回も申し込みをしていると、非常にお金に困っているのではないか?いろいろな所に申し込みをしたが、審査に落とされたのではないか?と疑ったりします。そうなると、お金を貸しても、回収不能になることを恐れて、審査で落とすという判断を下してしまうのです。

・申込ブラックにならないためにー申込ブラックになる基準は金融機関によってまちまちです。目安としては、1か月以内に3社を超える申し込みをすると、審査に落ちる可能性が高くなると言われています。

レイクのお得な無利息カードローン

カードローンサービスにおいて無利息融資サービスも普及するようになってきておりますが、レイクのカードローンでは2つの無利息カードローンプランが用意されておりますので大きな満足感につながります。
最近の無利息カードローンにおいては30日間の無利息期間が一般的となってきておりますが、レイクの無利息カードローンでは180日間の無利息期間も利用できるので融通のきくサービスとなっているのです。
180日間の無利息カードローンでは無利息となる金額の上限が5万円までに定められておりますが、もちろんそれ以上の追加融資も金利ありで借り入れが出来ますので急な出費にも備えることが出来るのです。
無利息カードローンは借入金額と借入期間のバランスをしっかりと見極めることが大切になってきます。

PAGETOP
Copyright © 審査カードローンキャッシングnavi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.